8.白湯を飲む

 

4解説【白湯(さゆ)を飲む】           

 

アーユルベーダ (インド伝承医学)では

起きがけに1杯の白湯(さゆ)を飲めばいいと

言っています。

 

それは空気と熱のエネルギーを加えることで、

冷えている体と内蔵を温めて、

消化力を高め、食欲を高めるためです。

 

私も現在、白湯(さゆ)を朝、昼、晩と続けていますが、

おなかが温まり、体も温まって、

便秘にも効果があるような気がします。

 

日本茶もおいしいのですが、白湯(さゆ)と比べると

白湯(さゆ)の方がおなかや体を温める力は

強いようです。

 

便秘で悩むあなたも実践してみてください。

おなかのあたりが徐々に温まって

 

くるのを感じるでしょう。