《食物繊維をしっかり摂る》

   食物繊維をしっかり摂る      コピペチェックツール済

 

腸内フローラの中で腸内細菌たちは、

縄張りを作って集団生活をしています。

 

腸内細菌たちは生きていくために

エサを食べています。

ただそのエサには好みがあります。

 

崩れている腸内フローラを改善するためには

善玉菌が喜ぶエサを多く与えなければなりません。

 

ビフィズス菌や乳酸菌、また水溶性食物繊維の

食べ物が善玉菌が喜ぶ食べ物です。

 

食べ物には食物繊維があります。

 

食物繊維には

水溶性食物繊維(水に溶ける)

不溶性食物繊維 (水に溶けない)

 があります。

 

ほとんどの食物は水溶性食物繊維と

不溶性食物繊維の両方を持っています。

 

消化吸収されにくい繊維物質の比率が

多いか少ないかによって

水溶性か不溶性に分類されています。

 

分類はけっこう難しいです。

 

〈水溶性食物繊維〉比率 1

納豆、ニンニク、だいこん、ごぼう、さといも、

じゃがいも、トマト、小麦、アボカドなど

 

・消化分解した食べ物に粘りが出てくるので、

消化管の中をゆっくり進みます。

その結果、血糖値の急上昇を防ぎます。

 

・小腸での栄養素の消化吸収を抑えて

有害物質を吸着し体外へ運びます。

コレストロール値を下げてくれます。

 

  ・善玉菌を増やし腸内 フローラを改善します。

 

〈不溶性食物繊維〉比率 2

米、しいたけ、もやし、たけのこ、

あずき、かぼちゃ、ブロッコリー、さつまいも、

こんにゃく、ゆでいんげん豆など

 

・消化管内で水分を抱え込んで、

 (数倍~数十倍) 便の容積を増やします。

 

 便の量が増えると腸壁を刺激し

蠕動運動が盛んになります。

 

と同時に大脳を刺激して排便が

スムーズになります。

 

  ・腸のひだに溜った有害 ガスも

削り取るので大腸がんの予防に。

 

 などがあります。

 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の比率は

 1 2 が食べる場合の理想です。

 

腸内フローラの理想的な比率は 

 

善玉菌 2対、日和見菌 7対、悪玉菌 1

 

です。

 

私たちの現在の食物繊維の摂取量は、

男性 15 g、女性 14 gです。

 

厚生労働省が挙げる食物繊維の摂取目標は

20 g ( 男性 20 g 女性 18 g )

総量で男女とも約 5gほど不足しています。

 

また便の容量のうち 50%は腸内細菌の

死骸だそうです。

 

したがって腸内細菌が

活発に活動してくれればくれるほど

便の量が増えます。

 

そうすると排便が よりスムーズになります。

 

便秘を解消するために

食物繊維は十分に取りたいですね。