2.大腸がんをはじめとしてがんの不安

 

 

便秘や便の回数と がんは関係ない

という説もありますが、

「本当でしょうか ?」

 

便秘と大腸がん、乳がんなどは

特に関係があるという

臨床的なデータも出ています。

「あなたはどう思いますか ?」

 

便秘になると腸内フローラが乱れて

悪玉菌が優位になります。

 

悪玉菌は有害物質、有毒ガスを出します。

それらは腸の壁を傷つけたり、

血管の中に吸収されて全身を巡り、悪さをします。

 

便の回数は

「大腸がんとは全く関係ない」

という説がありますが、

「どうなんでしょう ?」

 

普通に考えてみても納得がいかないし、

その統計データの信憑性も

疑問を感じざるを得ません。

 

乳がんは女性ホルモンの過剰な分泌が

原因のひとつとされていますが、

 

便秘がこれに関係していることも

明らかになってきています。

 

便秘はどのように考えてもいいことは

ないようですね。