40代の女性の便秘はなぜ危険信号なのか

1, 慢性便秘の悩み

 

40代の女性で便秘があるかたは、

ほとんどのかたが40代になってから

急に便秘になったのではないと思われます。

 

若いころから便秘が続いている人が

多いのではないでしょうか。

 

「あなたもそうではありませんか」

 

慢性的な便秘はなれ合いになってしまうのが

怖いのです。

病院の急患センターでは

 

「おなかが痛い」と言って

 

救急車で運ばれる女学生がたくさんいるようです。

その方たちのほとんどが便秘です。

 

「私は便が1週間出ない」

は当たり前で

 

「私は便が2週間出ない」

 

「私は便が1か月出ない」

 

などと便秘を自慢している人もいます。

 

40代の便秘常連のあなたから言わせると

彼女たちは

 

「まだまだ青臭い」

 

ということになるのでしょうか。

こういう風に便秘が当たり前に

なっているのが怖いのです。

 

ある 20代のエステシャンの女性も

 

「おなかが痛いと言って」

 

救急車で病院に運ばれ、即入院となりました。

 

レントゲンに写った写真では

大腸の中が便だらけで、

医者から、徹底的に怒られたそうです。

 

彼女は 2週間ほど入院して元気になり

退院しました。

その時の彼女の体重はなんと

 7kgだったそうです。

 

結局 7kg ほど大腸の中に

便が詰まっていたということになります。

 

「かんべんしてよ」と言いたいですね。

 

本来は便秘があると食欲がわかないものです。

 

しかし食欲がなくても惰性で、

時間がくるとつい食べるということを

繰り返しておられるかたも

多いのではないでしょうか。

 

「あなたはどうでしょうか ?」

 

おなかが減った時に食べるのが

一番おいしい食べ方ですが、

そういう感覚を失ってはいませんか。

 

人間の食欲は脳がコントロールしています。

脳の摂食中枢と満腹中枢でバランスを

とっているのです。

 

便秘のあなたはこのバランスが

狂ってしまっているのです。

 

おなかが減ると摂食中枢は、

 

「おなかが減ったよ」

と脳に訴えます。

 

おなかがいっぱいになると満腹中枢は

 

「これ以上食べられないよ」

と脳に報告します。

 

その働きは脳の視床下部がメインとなり、

中枢神経、末梢神経などが働いて食欲を

コントロールしているようです。

 

犬や動物はおなかが減っていないと

食べません。

うちで飼っていたわんちゃんもそうでした。

 

大好物をお椀いっぱいあげても

腹六分かせいぜい腹七分しか食べませんでした。

 

ある実験で豚に大好きな エサを

いっぱい用意して、

豚がどれだけ食べるかを試してみたそうです。

 

実験の結果は予想外でした。

腹いっぱい食べると思っていたら、

なんと腹五分くらいしか食べなかったそうです。

 

私たちは健康的に食べる目安として

腹八分がいいと思っていますが、

 

豚をはじめ動物はどれくらい食べたら

健康を保っていけるかまたどれくらい必要か、

本能でわかっているようです。

 

私たち人間はまだまだ甘い ワンと言われそうです。 !!

 

 

 

2, 大腸がんをはじめとして がんの不安

 

便秘や便の回数と がんは関係ない

という説もありますが、

「本当でしょうか ?」

 

便秘と大腸がん、乳がんなどは

特に関係があるという

臨床的なデータも出ています。

「あなたはどう思いますか ?」

 

便秘になると腸内フローラが乱れて

悪玉菌が優位になります。

 

悪玉菌は有害物質、有毒ガスを出します。

それらは腸の壁を傷つけたり、

血管の中に吸収されて全身を巡り、悪さをします。

 

便の回数は

「大腸がんとは全く関係ない」

という説がありますが、

「どうなんでしょう ?」

 

普通に考えてみても納得がいかないし、

その統計データの信憑性も

疑問を感じざるを得ません。

 

乳がんは女性ホルモンの過剰な分泌が

原因のひとつとされていますが、

 

便秘がこれに関係していることも

明らかになってきています。

 

便秘はどのように考えてもいいことは

ないようですね。

 

 

3. アルツハイマー型認知症の不安

 

そして注意する必要があるのが

アルツハイマー型認知症です。

 

この病気は年齢を選んではくれません。

 

「怖いですねエ~」

 

若い年齢でこの病気が起きると

若年性アルツハイマー型認知症と言われます。

 

あなたがもし、

「アルツハイマー型認知症です」

と医者から言われたらどうします

 

「ゾットしますよね !」

「どうしよう !」

と思いますよね。

 

NHKの調査では

「驚きの結果が報告されています !」

 

アルツハイマー型認知症の発症は 実は、

あなたの25年前にポイントがあるようです。

 

「うそっ !」

と思われるかもしれませんが、

 

25年前くらいから、あなたの体では

変化が起き始めているようです。

 

そして、月日が経つにつれて、

じわじわと脳や体が蝕まれているのです。

 

便秘は免疫や自律神経や内分泌系に影響を

与えています。

 

そのことで生活習慣病を引き起こし、

結果的に アルツハイマー型認知症

とも関連が出てきます。

 

睡眠不足になると便秘ぎみになりますが、

その睡眠不足は怖いのです。

 

現代人は、ほぼほぼみなさん

睡眠不足ぎみです。

 

あなたは

「ああ忙しい」

「時間に追われていませんか ?」

 

 良質の睡眠は脳に絶対に必要なものです。

 毎日、睡眠不足では脳にジワジワと、

 ダメージが加えられてしまいます。

 

 睡眠不足の人は要注意です。

 特に働いている女性は要注意。

 仕事、家事、育児、子どもの世話・・・

 

「あなたは何時間、眠れていますか ?」

 

「大丈夫でしょうか ?」

 

 

 

4. 親の介護の不安とストレス

 

また40代は、親の介護の問題が

ちらついてくる年代でもあります。

「あなたのところは、どうでしょうか ?」

 

介護を実際に行っている人は

わかると思います。

 

親の介護は身体的疲労、精神的疲労は

かなりのものです。

時間もかかります。

 

また 場合によっては 24時間見守りが

必要になることも考えられます。

 

介護施設に預けることも視野に入れて

おかなければならないのです。

そうすると費用もかなりかかります。

 

仕事や子育てにもかなりの影響が出てきます。

 

そして親の介護の問題がちらついてくると、

さまざまな問題を解決することが

必要になってきます。

 

仕事をどうするかなど

ストレスと不安はどんどん大きくなってきます。

 

またストレスの悩みを相談するにしても、

「会社の上司には相談しずらいですよね」

 

仕事を失うことも考えられ

ちゅうちょしてしまいます。

※日本の場合、大企業には親の介護に対する

 制度が整っていますが、

 中小、零細企業ではそう簡単にはいきません。

 仕事を失うことも多々あるようです。

 

「困りますよね !」

 

ストレスも便秘の原因となりますが、

もともと便秘があると

その悪循環は増幅していきます。

 

40代のあなたは自分自身でも

さまざまな悩みを抱えると同時に多方面から

さまざまな期待がかかっている

存在でもあります。

 

その結果、

重大な決断をしなければならないことが

思った以上にたくさん発生します。

 

ですからまず、

あなた自身の健康には十分に気を配り、

健康で美しくあることを求めて

いただきたいと思います。

 

40代のあなたは健康にも投資して、

快適な生活をされているかもしれませんが、

 

40代で便秘に苦しんでいる女性も

けっこうおられるのです。

 

便秘は肌荒れやシミ、白髪をはじめとして

生活習慣病や大腸がん、乳がんなど

さまざまな病気の原因になると

言われています。

 

決してバカにはできないのです。

 

それとあなたも

「こういう経験をしたことがありませんか」

 

便秘や残便感があると決断力が鈍ります。

普段なんでもないことを

どうするか迷ってしまい、決断が遅れて

時機を逸することも出てきます。

 

昔の方はそういう状態のことをうまいこと

表現しています。

 

「踏ん切りが悪い」

 

と言いました。

「踏ん」の字は「糞」の字に置き換えても通じます。

 

あなたがもし働いておられるなら、

「あなたはどんな時代に就職されましたか ?」

 

「バブル崩壊後の厳しい就職氷河期でしょうか ?」

「ゆとり教育世代でしょうか ?」

 

そういった厳しい時代に就職された場合は、

相当の努力をして現在の地位を築かれて

おられると思います。

 

また違う時代であってもかなり努力をして

現在の地位を築かれていると思います。

 

これからのあなた自身の長い人生を考える時、

何よりも大切であるのは健康です。

 

そして便秘は昔から万病の元と言われています。

なにがなんでも便秘を解消する。

 

便秘の解消は最優先にして欲しいと思います。

あなたの重大な決断を鈍らせないためにも・・・