7.白湯を飲む

 

アーユルベーダ (インド伝承医学)では 起きがけに1杯の白湯を飲めば

いいと言っています。

それは空気と熱の エネルギーを加えることで、冷えている体と
内蔵を温めて、消化力を高め、食欲を高めるためです。

私も現在、白湯を朝、昼、晩と続けていますが、お腹が

温まって体も温まり調子は良くなっているようです。

日本茶もおいしいのですが白湯と比べると白湯の方が

お腹や体を温める力はなぜか強いと思います。

実践してみてください。お腹のあたりが徐々に温まって

   くるのを感じます。