正攻法で便秘を改善

便秘を改善し、健康に快適に毎日を過ごしていく。 

それが継続し定着していく方法が正攻法です。 

どうしても便秘で苦しい時は下剤や漢方も必要でしょう。 

しかし便秘薬で便秘が一時的に解消されても少し経つと 

また同じことの繰り返しです。これでは何にもなりません。 

さらに便秘薬を常用することで便秘が一層ひどくなっている 

人もたくさんおられるようです。 

 

私もかなり昔、断食や排泄に必要以上にこだわったことがあります。 

その時に漢方の下剤効果が高いものを 2ヶ月ほど常用し 

やせ細って栄養失調気味になったことがあります。 

知らないと怖いものです。 

宿便を自分でなんとか出そうとすることは危険が伴います。 

もし宿便を出そうとする場合は専門家に相談しながら十分に 

安全を考えて断食などを行ったほうがいいと思います。 

  

腸がその本来の働き ( 蠕動運動 ぜんどう )を取り戻し、 

自分の力で便を外まで運び出せるようになることが必要です。 

じわりじわりと改善が進み、それが定着して安定的な状態が 

続くことが大切です。 

そこで大事になってくるのは腸内環境 ( 腸内 フローラ )の改善です。 

腸内 フローラを整えていけば、さまざまな生活の変化に耐える 

盤石の腸を作り出すことができます。 

 

また腸は第二の脳と呼ばれています。私たちの体の 

免疫の 60%が腸に存在すると言われています。 

その腸が不調では体や脳に悪い影響を与えてしまいます。 

免疫細胞である白血球の戦士たちは日夜 私たちの体を守るために 

戦ってくれていますが、腸内 フローラが壊れると働けないのです。 

 

私たち国民が便秘解消のために使っているお金は 

1兆円にもなるそうです。 

病院での便秘薬の処方、薬局で買う薬、漢方、腸内サプリ、 

ヨーグルト、発酵食品、飲み物などを足し算すると 

便秘解消にはさらに途方もない費用がかかっているようです。 

そんな中で自分の ライフスタイルに合う、ベストな方法、 

いい物を選ぶことが私たちに求められています。 

 

まず何といっても最優先はまず食事です。 

栄養の バランスを考え、腸内 フローラが整う食事を考えることです。 

栄養も摂れてお通じが良くなる食事です。 

食事を考えて便秘を改善していくことは王道で正攻法だと思います。

食事をこつこつと続けていいくことが体の基礎工事となり

しっかりとした体の土台を作ってくれます。

 

しかし残念ながら、食事の改善は基本ですが時間がかかります。

今すぐに腸内 フローラを変えることはできません。

私たちの腸内 フローラは赤ちゃんや幼児期に 

お母さんから受け継いだ腸内 フローラで出来上がっているのです。 

その腸内 フローラを変えることは並大抵ではありません。 

コツコツと繰り返し腸内 フローラを変えていく努力が必要なのです。 

 

それを サポート してくれる プラスαがあればより ベターだと思いませんか。 

便秘解消へ ソフトランディングしていけるものがあると助かります。

腸内 サプリや 乳酸菌 サプリは腸内 フローラをすばやく改善してくれます。

腸内 フローラを劇的に変えてくれるものは ビフィズス菌です。 

腸内 フローラを ベストな状態に保っていくためには ビフィズス菌を 

常に増やしていくことが必要だそうです。 

この ビフィズス菌の力を活用し腸内 フローラを万全の状態に改善 

していくことが ゴールです。 

長年、便秘と痔で苦しんできた私の体験でも 

しっかりとバランスを考えた食事と ビフィズス菌の組み合わせは 

盤石のような気がします。 

多少時間がかかってもそれを続けることによって 

腸内 フローラを整え快適な生活を続けることができる体を 

作り出すことが目的です。 

 

便秘に対する正攻法とは、こういうことを言うのではないでしょうか。