6. 親の介護の心配、悩み

親の介護の問題が大きく クローズアップされています。

現在介護をしている人は 500万人以上。

うち 200万人以上が働きながら介護をしています。

日経新聞の調査によると

 

『 隠れ介護者』

という存在があるそうです。その数はなんと 1000万人以上。

介護を隠しながら働いている人、

介護のことを会社に打ち明けられない人などが沢山おられます。

また介護の年齢も10~20代の若年介護、

30~50代の働き盛りの介護、

老老介護などさまざまです。

その他、介護離職、介護離婚、介護殺人などさまざまな

問題も起きています。

また介護をしている性別では男性もかなり増えてきていますが、

女性の方がまだ圧倒的に多いようです。

 

ある大手商社の社員 アンケート 調査では、

今現在、介護をしている人がすでに10%ほどいて、

今後介護の可能性がでてくる人が70~80%もいることに

人事部では驚きを隠せないようです。

日経新聞は40代、50代の働き盛りや、

会社の中核を担う人たちが介護をせざるを得ないことになれば、

その社会的な損失は莫大になると警告を鳴らしています。

介護の犠牲になって仕事を辞めざるを得ない人は悲惨です。

 

NHK 資料より

40代で塗料の会社に勤めていた、ある方は

親の介護のために会社を辞めました。

その後、離婚して今51歳ですが、まだ介護をしています。

働くことができないので、生活費は親の年金です。

その年金で細々と生活をしています。

 

「自分の人生はいったい何だったのだろう」

 

とその人は語っています。

介護を行う平均期間は4~5年ですが、

40代、50代から介護を行っている人は介護の期間が

長くなるようです。

ただ安易に介護離職するととんでもない地獄の道が待っています。

介護離職だけは絶対してはいけません。

人材不足であっても、40代、50代の再就職は

かなり難しいようです。

親の介護をしながらの再就職などもってのほかです。

また就職できたとしても給料は激減します。

 

自分1人で何とかしようと考えたり、何とかなるは危険です。

公共機関や第三者の助けをできるだけ借りてください。

介護保険を フルに活用してください。

借金をしてでも介護離職はしないようにするべきです。

またひと昔前と違って、

妻が自分の親の介護をしてくれるという甘い考えも

現在では通用しません。

逆もまた真なりで夫が自分の親の介護をしてくれることはない

と思っておいたほうが無難です。

介護の肉体的、精神的な疲れは大きな ストレスとなり私たちの体を

蝕みます。

これに便秘が加われば

さらに肉体的、精神的な ストレスがひどくなることは明らかです。

便秘だけは改善しておきたいものです。