5.ストレス

あなたは

 

「まだ40代なのに 50代に見られた」

 

という経験をしたことがありませんか。

子育ての悩み、結婚・出産の悩み、仕事の悩み、親の介護の不安、

老化の悩み、一生をどう生きていくかという悩み、

自分自身の健康の問題など40代女性の悩みは尽きることが

ありません。

それらは知らず知らずのうちに体調の変化や顔立ちに現れます。

特に親の介護では心身ともに疲れ果て、絶望感を感じる人も

多いと思います。たとえ親が他人の世話にはなりたくないと

言っても決して自分1人で介護をしようなどとは考えては

いけません。何とかなるとは考えてはいけません。

最初が肝心です。第三者、公的な介護の力を借りることを前提に

介護計画を立てるべきです。

兄弟、姉妹、身内も当てにしてはいけません。結局、

自分1人で背負い込むことになります。

こうなると介護離職が目の前に現れてきますが、

介護離職も絶対にしてはだめです。介護離職をして絶望的な

体験をしている人があとをたたないからです。

これらの悩みや不安は ストレスとなって知らず知らずのうちに、

ボクシングの ジャブのように体を蝕んでくるのです。

 

ストレスがあると自律神経の交感神経の働きが高まります。

胃は胃酸の分泌をやめ、本来は胃酸で死んでしまう細菌が

生きのびてしまいます。また蠕動運動がストップします。

胃が蠕動運動をストップしたら腸にも波及して腸も蠕動運動を

ストップしてしまいます。

ストレスにより交感神経が高まると便は出にくくなるのです。

副交感神経が優位でないと便意は起こらず便通は スムーズに

いかないのです。

また活性酸素が発生し、活性酸素は便を老廃物(異物)とみなし、

それを攻撃するために有毒 ガスを発生させ、

汚れた血液が血流に乗って全身を駆け巡ります。

大腸がんの発生 リスクも高まります。

ストレス 便秘 悪玉菌増加 有害物質増加 体調不良

と負の連鎖が続きます。

 

光岡知足先生は自衛隊の レンジャー部隊の腸内 フローラを調べました。

その結果は衝撃的なものでした。

レンジャー部隊は エリート部隊でその特殊訓練の過酷さはよく知られる

ところです。

一般の人たちと レンジャー部隊の腸内 フローラを比較して調べました。

特殊訓練の前の レンジャー部隊の腸内 フローラは普通一般の人たちと

同じですが、特殊訓練後の腸内 フローラは破壊されて

ぐじゃぐじゃになり、悪玉菌優位になっていたそうです。

ストレス がいかに私たちの腸内フローラを直撃するかがわかります。

※光岡知足 東京大学名誉教授 農学博士

 腸内 フローラの パイオニア。日本の第一人者。世界でも有名。

腸内 フローラの善玉菌、悪玉菌の命名者。

  

  また糖尿病の三大原因は、太りすぎ、食べ過ぎ、ストレスです。

  私たちの体は ストレスを感じると交感神経が優位に働き

血圧が上昇、血糖値も上昇します。インスリンも大量に分泌されます。

そして アルツハイマー型認知症の 50% は糖尿病が原因です。

要注意です。

ストレスはまた自律神経にも影響を与え腸の蠕動運動を阻害します。

ストレス性の便秘といわれる所以です。

これも

ストレス 腸内フローラの乱れ 悪玉菌増加 糖尿病 認知症

とこれに便秘もからんで負の連鎖を生むことになります。

ストレスは便秘の大敵なのです。