4.冷え

 

 冷えとは上半身と下半身の体温、皮膚の体温と内臓の体温

に差があり血液の循環がうまくいっていないことです。

昔の人は

『冷えは万病の元』

と言って

 

「冷やしたら駄目ですよ、冷やしたらいろいろな病気に

なりますよ」

と経験を通じて知っていました。

妊婦さんにはお腹を冷やさないように晒し(さらし)を巻いたり

万全の服装をさせました。立派な赤ちゃんを産むためです。

しっかり冷えを取っている妊婦さんからは

真赤っかな元気なちゃんが生まれてきます。

 

特に怖いのが内蔵の冷えです。

お腹が冷えていると内臓の新陳代謝が悪くなります。

食べ物の栄養吸収の働きが悪くなってきます。

腸の働きも鈍くなってきます。

小腸や大腸には絨毛がびっしりと敷き詰められていて

その絨毛では栄養を吸収してくれています。

 

絨毛、→ 栄養吸収細胞、→ 微絨毛

 

同時に消化された食べ物やその残りかすを腸の中を

次からへ次へと肛門のほうへ送りだしてくれます。

その働きのことを蠕動運動 (ぜんどう)と言います。

冷えがあるとその腸の働きも衰え、蠕動運動が弱ってきます。

そして便が大腸の中に滞留して便秘を引き起こします。