2 便が臭い、おならが臭い、口臭があると言われる

 

 便が臭いのは明らかに腸内 フローラが乱れ悪玉菌が優位になって

腐敗臭が起きているのです。腸内で悪玉菌が食べ物を

腐敗させ有毒 ガスを発生させているのです。

悪玉菌が作り出す有毒 ガスには硫化水素、インドール、スカトール、アンモニア

などがありますが、硫化水素は腐卵臭、インドール、スカトールは大便臭

があります。スカトールは ギリシャ語でなんと『糞』の意味。

アンモニアはご存知の独特の臭気があります。

有毒 ガスは そのほとんどが大腸の壁から血管内に吸収されて

肺に届き、口から息として排出されます。ですから

 

「口が臭い」

と言われるのです。

肝臓がん末期で腫瘍が腸を閉塞したことで口から便が出て

苦しんでいる方がおられました。その方は頭を下に逆立ち

のような姿勢をした方が楽になるとおっしゃっていました。

 

また有毒 ガスの血管から吸収されない残りの部分はそのまま

おならとして出るので

 

「おならが臭い」

と言われるのです。