1.腸内 フローラの悪化

 

 私たちの腸内ではたくさんの細菌が生息しています。

赤ちゃんが胎児の状態では腸内細菌は存在しませんが、

出産によってその環境は激変します。破水して産道を通る時から

外界のさまざまな細菌たちが赤ちゃんの体や腸内に

一斉に襲い掛かってきます。

生後 3~4時間後には赤ちゃんの腸内は細菌たちで溢れるのです。

そして常在細菌となって一生私たちの体に住み着きます。

その腸内細菌たちは私たちと同じで生きていくために食べ物が

必要です。

ですから私たちが摂取する食べ物を摂取して生きていきます。

腸内細菌は私たちと共存しないと生きていけないのです。

ただ中には悪さをする細菌がいて、私たちに害を及ぼすのです。

私たちの体内には300種類~400種類の細菌がいて、

その総数は100兆個くらいだそうです。

そして腸内細菌たちの存在する場所はさまざまです。

口の中では酸に弱い細菌が多いのですが、

胃では消化液の力が強く、酸性が強いため口の中にいる細菌は

ほとんどが胃で死んでしまいます。

十二指腸や小腸では膵液や胆汁が分泌され消化液は中和されるため

酸性が弱まり腸内細菌は増えてきます。

そして酸素が若干存在するので、酸素を必要とする乳酸捍菌が多く、

大腸では無酸素状態なので酸素が無くても生きていける嫌気性菌の

 ビフィズス菌、大腸菌、ウエルシュ菌などがいます。

 

それぞれの腸内細菌は集団をつくって縄張りを決めています。

その縄張りがきれいで整然としていることから腸内 フローラ(お花畑)

と呼んでいます。

もし新しい菌が入ってきたら、その菌の侵入を防ぐために

攻撃して排除します。

腸の中では細菌たちが常に縄張りを巡って勢力争いをしています。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の 3つの菌です。

これらの腸内フローラの勢力図の理想的な比率は

 

善玉菌 2 対、日和見菌 7 対、悪玉菌 1

 

の割合です。

日和見菌は勢力の強いほうになびきます。

善玉菌が強ければ傍観し、悪玉菌が強ければ悪玉菌に

なびきます。

縄張り争いで勝った腸内細菌は勢力を拡大します。

便秘の人はこの腸内 フローラが極端に崩れているのです。

私たちは健康を維持するためにこの腸内細菌の勢力図を守り、

理想的な比率にしなければならないのです。

 

便秘があるとこの腸内フローラの縄張りは崩れていきます。

有害物質や有毒 ガスが発生してさまざまな異常を引き起こします。

そして悪玉菌が優位の勢力図に変わってしまいます。

 

お腹の不調、栄養吸収力が落ちる、便秘が悪化、下痢、

残便感がある、お腹が張る、膨満感がある、腸に炎症がある、

顔色が悪い、肌荒れ、にきび、しみ、体が重い、だるい、

肩こり、冷えがある、寝つきが悪い、うつになる、

免疫力が低下する、自律神経が乱れるなど体に様々な影響が

出てきます。がんにもかかりやすくなるようです。

悪玉菌が作る有害物質の アミンは亜硝酸塩と反応すると

ニトロソアミンという発がん性物質を作り胃がんの発生と密接に

関わっています。

 

  亜硝酸塩とは野菜や飲料水に高濃度に含まれている硝酸塩から

作られるほか ハムや ソーセージに発色剤として含まれていて

日常的に私たちの体内に入ってきています。

 

脂肪は胆汁に含まれる胆汁酸で分解されますが、

悪玉菌はその胆汁酸を発がん性の二次胆汁酸に変えてしまい

大腸がんの原因となると考えられています。

乳がんは女性 ホルモンの過剰分泌と関係があるといわれていますが、

脂肪から女性 ホルモンを作り出す細菌が確認されています。

また乳がんの患者さんを調べてみると一週間に 23

しか便通がない人が多いということがわかっています。

便の回数はがんとは関係ないという説もありますがどうでしょう。

アメリカ カリフォルニア大学の ペトラキンス博士とキング博士は

乳がん予防検診に訪れた 1481人の女性の乳房から細胞を

採取して研究したところ

便通が週 2回以下の人では 4人に 1人が がん細胞に転化

しやすい異常細胞を持っていたのに対し、

少なくとも 1日に1回以上便通のある人では 20人に 1

しか異常細胞を持っていませんでした。

つまり便秘がちな女性は毎日便通がある女性の 5倍もがん細胞

に転化しやすい異常細胞を持っていることになるのです。

これは便秘をしていると腸内細菌が乳がん細胞の増殖を刺激する

女性 ホルモンをさかんにつくるためだと考えられています。

乳がんも増えています。便秘を馬鹿にはできません。

 

便秘や便の回数が少なく便が長い間、腸内に滞在することは

悪玉菌にとっては好都合です。好きな エサがふんだんにあって

大暴れする環境を与えることになります。

悪玉菌が発生させる有害物質や発がん性物質は大腸の壁を傷つけ、

血管の中に入って全身を巡り、他の臓器にもがんを引き起こす

原因にもなっています。

また脳にも影響を与え認知症にもかかりやすくなります。

たかが便秘されど便秘と思っていたほうがいいようです・・・