便秘の原因と便秘から派生する トラブル

1. 腸内 フローラの悪化

私たちの腸内ではたくさんの細菌が生息しています。 

赤ちゃんが胎児の状態では腸内細菌は存在しませんが、 

出産によってその環境は激変します。

 

破水して産道を通る時から 

外界のさまざまな細菌たちが赤ちゃんの体や腸内に 

一斉に襲い掛かってきます。 

生後 3~4時間後には赤ちゃんの腸内は細菌たちで溢れるのです。 

そして常在細菌となって一生私たちの体に住み着きます。 

その腸内細菌たちは私たちと同じで生きていくために食べ物が 

必要です。 

ですから私たちが摂取する食べ物を摂取して生きていきます。 

腸内細菌は私たちと共存しないと生きていけないのです。 

ただ中には悪さをする細菌がいて、私たちに害を及ぼすのです。 

私たちの体内には300種類~400種類の細菌がいて、 

その総数は100兆個くらいだそうです。 

そして腸内細菌たちの存在する場所はさまざまです。 

口の中では酸に弱い細菌が多いのですが、 

胃では消化液の力が強く、酸性が強いため口の中にいる細菌は 

ほとんどが胃で死んでしまいます。 

十二指腸や小腸では膵液や胆汁が分泌され消化液は中和されるため 

酸性が弱まり腸内細菌は増えてきます。 

そして酸素が若干存在するので、酸素を必要とする乳酸捍菌が多く、 

大腸では無酸素状態なので酸素が無くても生きていける嫌気性菌の 

ビフィズス菌、大腸菌、ウエルシュ菌などがいます。 

  

それぞれの腸内細菌は集団をつくって縄張りを決めています。 

その縄張りがきれいで整然としていることから腸内 フローラ(お花畑) 

と呼ばれています。 

もし新しい菌が入ってきたら、その菌の侵入を防ぐために 

攻撃して排除します。 

腸の中では細菌たちが常に縄張りを巡って勢力争いをしています。 

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の 3つの菌です。 

これらの腸内フローラの勢力図の理想的な比率は 

 

善玉菌 2 対、日和見菌 7 対、悪玉菌 1  

 

の割合です。 

日和見菌は勢力の強いほうになびきます。 

善玉菌が強ければ傍観し、悪玉菌が強ければ悪玉菌に 

なびきます。 

縄張り争いで勝った腸内細菌は勢力を拡大します。 

便秘の人はこの腸内 フローラが極端に崩れているのです。 

私たちは健康を維持するためにこの腸内細菌の勢力図を守り、 

理想的な比率にしなければならないのです。 

 

便秘があるとこの腸内フローラの縄張りは崩れていきます。 

有害物質や有毒 ガスが発生してさまざまな異常を引き起こします。 

そして悪玉菌が優位の勢力図に変わってしまいます。 

 

お腹の不調、栄養吸収力が落ちる、便秘が悪化、下痢、 

残便感がある、お腹が張る、膨満感がある、腸に炎症がある、 

顔色が悪い、肌荒れ、にきび、しみ、体が重い、だるい、 

肩こり、冷えがある、寝つきが悪い、うつになる、 

免疫力が低下する、自律神経が乱れるなど体に様々な影響が 

出てきます。がんにもかかりやすくなるようです。 

悪玉菌が作る有害物質の アミンは亜硝酸塩と反応すると  

ニトロソアミンという発がん性物質を作り胃がんの発生と密接に 

関わっています。 

 

※亜硝酸塩とは野菜や飲料水に高濃度に含まれている硝酸塩から 

作られるほか ハムや ソーセージに発色剤として含まれていて 

日常的に私たちの体内に入ってきています。 

 

脂肪は胆汁に含まれる胆汁酸で分解されますが、 

悪玉菌はその胆汁酸を発がん性の二次胆汁酸に変えてしまい 

大腸がんの原因となると考えられています。

 

乳がんは女性 ホルモンの過剰分泌と関係があるといわれていますが、 

脂肪から女性 ホルモンを作り出す細菌が確認されています。

 

また乳がんの患者さんを調べてみると一週間に 2~3回 

しか便通がない人が多いということがわかっています。 

便の回数はがんとは関係ないという説もありますがどうでしょう。

 

メリカ カリフォルニア大学の ペトラキンス博士とキング博士は 

乳がん予防検診に訪れた 1481人の女性の乳房から細胞を 

採取して研究したところ 

便通が週 2回以下の人では 4人に 1人が がん細胞に転化 

しやすい異常細胞を持っていたのに対し、 

少なくとも 1日に1回以上便通のある人では 20人に 1人 

しか異常細胞を持っていませんでした。

 

つまり便秘がちな女性は毎日便通がある女性の 5倍もがん細胞 

に転化しやすい異常細胞を持っていることになるのです。

 

これは便秘をしていると腸内細菌が乳がん細胞の増殖を刺激する 

女性 ホルモンをさかんにつくるためだと考えられています。 

乳がんも増えています。便秘を馬鹿にはできないのです。 

 

便秘や便の回数が少なく便が長い間、腸内に滞在することは 

悪玉菌にとっては好都合です。好きな エサがふんだんにあって 

大暴れする環境を与えることになります。 

悪玉菌が発生させる有害物質や発がん性物質は大腸の壁を傷つけ、 

血管の中に入って全身を巡り、他の臓器にもがんを引き起こす 

原因にもなっています。 

また脳にも影響を与え認知症にもかかりやすくなります。 

たかが便秘されど便秘と思っていたほうがいいようです・・・

 

2. 便が臭い、おならが臭い、口臭があると言われる

便が臭いのは明らかに腸内 フローラが乱れ悪玉菌が優位になって 

腐敗臭が起きているのです。腸内で悪玉菌が食べ物を 

腐敗させ有毒 ガスを発生させているのです。 

悪玉菌が作り出す有毒 ガスには硫化水素、インドール、スカトール、アンモニア 

などがありますが、

 

硫化水素は腐卵臭、

インドール、スカトールは大便臭 があります。

スカトールは ギリシャ語でなんと『糞』の意味。 

アンモニアはご存知の独特の臭気があります。

 

有毒 ガスは そのほとんどが大腸の壁から血管内に吸収されて 

肺に届き、口から息として排出されます。ですから 

 

「口が臭い」

 

と言われるのです。

 

肝臓がん末期で腫瘍が腸を閉塞したことで口から便が出て 

苦しんでいる方がおられました。その方は頭を下に逆立ち 

のような姿勢をした方が楽になるとおっしゃっていました。 

 

また有毒 ガスのうち、血管から吸収されない残りの有毒 ガスは

そのまま  おならとして出るので 

 

「おならが臭い」

 

と言われるのです。 

3. 食物繊維の不足

食の欧米化が進み、食物繊維の摂取量の不足が 

叫ばれていますが、まだまだ改善されていないのが現状です。 

厚労省の目標は 1日 20 g ( 男性 20 g 女性 18 g )以上ですが、 

さまざまな統計をみても 

男女ともに △ 5 gほどは不足しているようです。 

 

「とにかく野菜を食べればいいんでしょう」 

 

では駄目で食物繊維について少しだけ勉強することが必要です。 

植物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり 

便秘を解消するにはどの食べ物をどれくらい摂ればいいのか 

という イメージをもつことが必要なのです。

 

善玉菌のビフィズス菌は食物繊維を エサ にして増えますが、 

食物繊維が不足すると増えることができません。 

その場合腸内 フローラは均衡が破れ悪玉菌優位になってしまいます。 

悪玉菌は たんぱく質を分解し、有害物質や有毒ガスを生させます。 

腸内フローラは第二の脳といわれる腸管神経系や免疫系さらに 

内分泌系とも連動しているのでけっこう広い範囲に悪影響を 

及ぼすようです。 

また食物繊維は便のかさを増やすことで便通をよくして 

くれますが食物繊維が不足すると便秘になります。 

 

4. 冷え

冷えとは上半身と下半身の体温、皮膚の体温と内臓の体温 

に差があり血液の循環がうまくいっていないことです。 

昔の人は

 

『冷えは万病の元』

 

と言って 

 

「冷やしたら駄目ですよ、冷やしたらいろいろな病気に 

なりますよ」 

 

と経験を通じて知っていました。 

妊婦さんにはお腹を冷やさないようにお腹に晒し(さらし)を巻いたり 

万全の服装をさせました。立派な赤ちゃんを産むためです。 

しっかり冷えを取っている妊婦さんからは 

真赤っかな元気なちゃんが生まれてきます。 

 

特に怖いのが内蔵の冷えです。 

お腹が冷えていると内臓の新陳代謝が悪くなります。 

食べ物の栄養吸収の働きが悪くなってきます。 

腸の働きも鈍くなってきます。 

小腸や大腸には絨毛がびっしりと敷き詰められていて 

その絨毛では栄養を吸収してくれています。 

 

絨毛→ 栄養吸収細胞→ 微絨毛

 

※下図参照

 

と順を追って組織が小さくなっていきますが、

末端の微絨毛で栄養吸収がされています。 

  

同時に消化された食べ物やその残りかすを腸の中を 

次からへ次へと肛門のほうへ送りだしてくれます。 

その働きのことを蠕動運動 (ぜんどう)と言います。 

冷えがあるとその腸の働きも衰え、蠕動運動が弱ってきます。 

そして便が大腸の中に滞留して便秘を引き起こします。

 

絨毛拡大図
絨毛拡大図

5. ストレス

あなたは

 

「まだ40代なのに 50代に見られた」

 

という経験をしたことがありませんか。

子育ての悩み、結婚・出産の悩み、仕事の悩み、親の介護の不安、

老化の悩み、一生をどう生きていくかという悩み、

自分自身の健康の問題など40代女性の悩みは尽きることが

ありません。

それらは知らず知らずのうちに体調の変化や顔立ちに現れます。

特に親の介護では心身ともに疲れ果て、絶望感を感じる人も

多いと思います。たとえ親が他人の世話にはなりたくないと

言っても決して自分1人で介護をしようなどとは考えては

いけません。何とかなるとは考えてはいけません。

 

最初が肝心です。第三者、公的な介護の力を借りることを前提に

介護計画を立てるべきです。

兄弟、姉妹、身内も当てにしてはいけません。結局、

自分1人で背負い込むことになります。

こうなると介護離職が目の前に現れてきますが、

介護離職も絶対にしてはだめです。介護離職をして絶望的な

体験をしている人が後をたたないからです。

これらの悩みや不安は ストレスとなって知らず知らずのうちに、

ボクシングの ジャブのように体を蝕んでくるのです。

 

ストレスがあると自律神経の交感神経の働きが高まります。

胃は胃酸の分泌をやめ、本来は胃酸で死んでしまう細菌が

生きのびてしまいます。また蠕動運動がストップします。

胃が蠕動運動をストップしたら腸にも波及して腸も蠕動運動を

ストップしてしまいます。

ストレスにより交感神経が高まると便は出にくくなるのです。

副交感神経が優位でないと便意は起こらず便通は スムーズに

いかないのです。

また活性酸素が発生し、活性酸素は便を老廃物(異物)とみなし、

それを攻撃するために有毒 ガスを発生させ、

汚れた血液が血流に乗って全身を駆け巡ります。

大腸がんの発生 リスクも高まります。

 

ストレス → 便秘 → 悪玉菌増加 → 有害物質増加 → 体調不良

 

と負の連鎖が続きます。

 

光岡知足先生は自衛隊の レンジャー部隊の腸内 フローラを調べました。

その結果は衝撃的なものでした。

レンジャー部隊は エリート部隊でその特殊訓練の過酷さはよく知られる

ところです。

一般の人たちと レンジャー部隊の腸内 フローラを比較して調べました。

特殊訓練の前の レンジャー部隊の腸内 フローラは一般の人たちと

同じですが、特殊訓練後の腸内 フローラは

 

破壊されてぐじゃぐじゃになり、悪玉菌優位になっていたそうです。

ストレス がいかに私たちの腸内フローラを直撃するかがわかります。

 

※光岡知足 東京大学名誉教授 農学博士

腸内 フローラの パイオニア。日本の第一人者。

腸内 フローラの善玉菌、悪玉菌の命名者。

  

また糖尿病の三大原因は、太りすぎ、食べ過ぎ、ストレスです。

 

私たちの体は ストレスを感じると交感神経が優位に働き

血圧が上昇、血糖値も上昇します。インスリンも大量に分泌されます。

そして アルツハイマー型認知症の 50% は糖尿病が原因なのです。

要注意です。

 

ストレスはまた自律神経にも影響を与え腸の蠕動運動を阻害します。

ストレス性の便秘といわれる所以です。

これも

 

ストレス → 腸内フローラの乱れ → 悪玉菌増加 → 糖尿病 → 認知症

 

とこれに便秘もからんで負の連鎖を生むことになります。

ストレスは便秘の大敵なのです。

 

6. 睡眠不足

睡眠補足の時は便が出にくく残便感があります。

トイレにいっても思うように便が出ないので苦しいことが多い。

これは毎回感じることです。

どうしても朝早く起きなければならない時、

できるだけ早く寝ようとするのですが、つい寝る時間が遅く

なってしまいます。そうすると睡眠時間が不足します。

そういう時に特に感じます。

 

お腹に ガスが溜って膨満感で苦しい時も眠れません。

 

「便意があるようで、ないようで」

 

いらいらします。

 

それと体温の管理は大切です。足が冷たいとなかなか寝付けません。

熟睡するためには寝る前のお風呂とその後の体温管理は必要です。

風呂に入るのが早過ぎて、寝る時には体が冷えてしまい

足などが冷たい時は眠れません。

逆に寝る直前に風呂に入ると今度は体が温ったかすぎて眠れません。

布団を外したり、体を冷やしたりして何とか寝ようと努力

しなければなりません。

 

夕食が遅くなり寝る前になってしまった場合、

とくに夕食を食べすぎると危険が伴います。

食べ物が逆流し、誤嚥しそうになることもあります。

食べものを消化する場合は副交感神経が働きます。

一方で睡眠のためには副交感神経の働きが必要です。

ここで消化と睡眠による副交感神経の奪い合いが起こります。

結局、両方とも中途半端な結果になってしまい

熟睡できず睡眠不足になってしまうのでで要注意です。

 

ストレスや不安ごとがあるとなかなか寝つけないで困ります。

 

「朝まで熟睡できなかった」

「頭が冴えて眠れなかった」

 

という経験を持たれている方も多いのではないでしょか。

睡眠は脳と体の疲労を回復するためにはなくてはならないのですが、

熟睡できないと脳の疲労は回復できません。

睡眠不足も実感として便秘の原因になると思います。

 

7. ぽっこりお腹と言われる

①お腹が張って苦しい、膨満感がある

お腹が張って苦しい時、膨満感があって苦しい時は

動けないし動きたくありません。食欲も出ません。

お腹を押すと少し痛いところがあると思います。

 

デスクワークや長時間の車の運転は大腸に圧がかかったままになり、

ガスが溜まりやすい。お腹が張ったような膨満感を感じる。

また腸内 フローラが悪玉菌優位だと有毒 ガスが発生して

ガスが溜まります。

 

ガスはお腹の中になぜ溜まるのでしょうか。

私たちが食事を摂る時に空気を一緒に取り込むこと、

ストレスが多い人は歯を噛みしめることが多いようですが、

この時に唾と一緒空気を飲みこんでしまうことなどだそうです。

 

ガスが大腸に溜ると ホースの中に空気が溜ったような状態になるので、

便を押し出す力が スムーズに伝わらない。

それで便意はあるものの トイレに行っても便は出にくい。

苦しくて夜眠れない原因にもなります。

トイレに行くのを我慢して時間が経過した時にも似たような感じに

襲われます。

 

②残便感がある、残尿感がある、すっきりしない

残便感があるのだが、トイレにいっても出そうで出ない。

こういう時は苦しいですね。

そういう時はまた何度もおしっこにも行きたくなりますが、

出し切れず残尿感がある。

結局、腹圧が弱くなるのでこういう現象が起こるのだと思います。

 

③姿勢が悪い、背筋が伸びない

便の滞留と新陳代謝が異常になると内臓脂肪が付きます。

お腹に ガスが溜っていると苦しいので姿勢が猫背気味

になります。背筋を伸ばすことができません。

そのこともぽっこりお腹の原因のひとつになっています。

 

8. 下剤の多様、薬の副作用

下剤の多様は大腸の絨毛に炎症が起きて絨毛が短くなり、

便を運ぶ力が弱くなってしまいます。

より強い下剤に エスカレートし、次第に下剤を使用しても

便が出にくくなってしまいます。

病院の入院患者の間での会話でよく話されているのが

便秘のことです。

 

「あなた今日、出た」

「いや出ない」

「出ないと苦しいね」

「食欲もでないね」

 

結局、運動不足が主な原因なのですが、

4人部屋で遠慮して おなら を我慢することも一因かもしれません。

頼めば看護師さんはすぐに下剤を用意してくれます。

 要注意です。

リハビリなどしっかり運動して出すことが肝心です。

 

また痛み止め、安定剤、など副作用に便秘が書いている薬は

継続して使用することは控えたほうがいいと思います。

 

9. 水分の不足

水分が不足すると便秘になりやすいようです。

便が乾燥して移動しにくくなるのです。

高齢者の場合は普段から体内の水分量が減ってきています。

体内の水分量は赤ちゃんが80 %くらいであるのに対し

高齢者は50 %くらいです。

また喉の渇きを感じる力が落ちているので要注意です。

水を飲むことを常に言ってやらないとわかりません。

高齢者は一度にたくさんの水を飲むことができません。

こまめに水分を補給するようにしてやることが大切です。

 

『干からびる』

 

とは言うもののあまりいい イメージではないですね。

 

運動をあまりしていなくても不感蒸泄といって毛穴から

水分が自然に蒸発しています。1日800 mℓほど蒸発していますので

その量は馬鹿にできません。

水分の不足は便秘の原因になっています。そのことは

介護施設の データなどでもはっきりしています。